家造りを依頼する

現実的に考えると、ハウスメーカーか工務店に相談するところから始めるのが一般的と言えるでしょう。違いを簡単に説明すると、ハウスメーカーは全国的に営業拠点を置く大手住宅メーカーのこと。工務店は地域密着型の会社というイメージです。こだわりが強い場合、建築家に依頼する方法もあります。

ハウスメーカーに依頼する

ハウスメーカーは全国展開している大手企業が多く、総合力という点で安心感があります。土地探しや資金計画に至るまで、住宅建築に関する様々な相談ができるのも大きなメリットでしょう。ただしハウスメーカーは…

工務店に依頼する

後悔のない家造りをするためには、建築を依頼する会社選びが重要なポイントとなります。なぜなら、一般的にハウスメーカーや設計事務所、工務店の中から選ぶことになるかと思いますが、それぞれ、特徴や得意な工…

建築家に依頼する

家造りをする際は、どんな家にしたいかというイメージを鮮明に描くことが重要になりますが、その鮮明に描いた家をどこに依頼するかも重要なポイントになります。依頼先としては建築家・ハウスメーカー・工務店、…

知っていた方が良い建築法規

細かいことはプロに任せておけばよいと、楽観的に考える方もいるかもしれませんが、建築法規はある程度頭に入れておいた方が良いでしょう。思い描いたイメージを実現化するにあたって、それが建築法規上可能であるか不可能であるかで大きく変わります。将来、隣の敷地に新しく家が建った時などにも、ある程度の知識があると役に立ちます。

用途や地域により建ぺい率や容積率がちがう

新たに土地を購入して家造りをするときには土地を探す必要があります。工場などの跡地を宅地開発しているところもあれば、住宅地の一角で空き地が売り出されているときもあります。家造りをするに当たっては好み…

建物の高さ制限が決められている場合がある

理想のマイホームを建てる方法として注文住宅があります。設計や使用する建材の形状など、様々な事柄を建て主が決められるので個性的な我が家を建てるのに最適と言えるでしょう。他との差別化を図ることができる…

隣の敷地との距離が最低50cmが必要

狭い土地に住宅を建てる際に気をつけたいのが、隣の敷地との敷地境界線がどれぐらい離れていれば良いのかということです。不動産屋などに相談すると、この点についてはしっかり説明してくれるケースがよくありま…