隣の敷地と敷地境界線の最低距離

狭い土地に住宅を建てる際に気をつけたいのが、隣の敷地との敷地境界線がどれぐらい離れていれば良いのかということです。不動産屋などに相談すると、この点についてはしっかり説明してくれるケースがよくあります。特に隣の家との問題になりやすい点ですので、家を建てる前に敷地境界線がどれぐらい離れていれば良いのか知っておくことが必要です。
法律では、建物を作る時には敷地境界線から50cm以上の距離を保たなければならないと決められています。この規定に違反した場合には、隣地の所有者は建築を中止させたり、変更させることができます。

街の習慣によっては街並みや景観に従って50cm以上離さなくても良い土地もありますが、あくまで特殊な例ですので、狭小住宅を建てる時は不動産会社などと相談してから建てることが重要です。

トラブルにならない家造り

隣の土地の所有者に許可を取っていれば境界線いっぱいまで住宅を建てることができますが、ギリギリに立ててしまうとエアコンの室外機を置きにくくなってしまったり、メンテナンスをする時に工事がしにくくなる、家が近い分だけ騒音が出てしまい隣の家とトラブルになってしまうことも考えられます。
そのため、家自体が小さくなったとしても50cm以上の距離を確保しておくことが必要です。狭い土地に家を建てるからこそ、屋外にゆとりを残すことで家の通気性や採光も良くなります。
生活に必要な面積を確保するのであれば、2階建または3階建の住宅にします。また、階段下や収納家具などを利用することで収納スペースを確保すれば狭さを感じない家造りは十分できます。