景観を保つために設定されている

新たに土地を購入して家造りをするときには土地を探す必要があります。工場などの跡地を宅地開発しているところもあれば、住宅地の一角で空き地が売り出されているときもあります。家造りをするに当たっては好みの住宅を建てられるかどうかを考えなければならず、まずは十分な広さの土地かどうかを見なければいけません。さらにその土地に設定されている建ぺい率と容積率があり、これによってその土地にどれくらいの大きさの建物が建てられるかが決まってきます。 建ぺい率や容積率が低いと建物の条件が狭まり購入を控えようかと考えるときもありますが、なぜその建ぺい率になっているかを考えるのも大事です。景観を保つために建ぺい率などが低くなっているときがあり、将来的な住みやすさを考えるなら良い土地である可能性があるでしょう。

建ぺい率が高い土地の特徴

住宅を建てるときに知っておく数字として建ぺい率と容積率があります。建ぺい率はその土地に対してどれ位の広さに建物を建てられるかの割合で、一般的には60パーセントぐらいが多くなるようです。建ぺい率が高ければその分土地いっぱいに建物を建てられるので家造りにおいても有利になりそうな気がします。中には建ぺい率が80パーセントとかなり高い土地もあり、わざわざ高いところの中から探そうとする人もいるようです。 他よりも建ぺい率が高い地域としては商業地域があり、駅前などであればみられるかもしれません。商業地域は防火地域に指定されるケースが多く、建物自体に一定の耐火性を求めているのが建ぺい率が高くなる理由のようです。家造りにおいては耐火性を高める必要性も出てくるので注意しておきましょう。