ハウスメーカーの特徴を理解しよう

ハウスメーカーは全国展開している大手企業が多く、総合力という点で安心感があります。土地探しや資金計画に至るまで、住宅建築に関する様々な相談ができるのも大きなメリットでしょう。ただしハウスメーカーはあくまでも住宅を企画し製造販売している会社であり、建築に関しては各メーカーの下請け工務店が行っています。下請け工務店の技術には多少の差が生じる可能性もあるので、建築中のチェックは重要だといえます。建築の工法や基本的な設備は各メーカーにより異なります。自身の土地の形状や価格、希望する住宅の構造などを考慮して決定します。それぞれのメーカーの工法やデザインを正しく理解するためには住宅展示場でのモデルハウスの見学がおすすめです。無料でカタログ等ももらえるので、集めて家族で検討してみるのもよいですね。

デザインコンセプトが気に入れば順調な家づくりが可能

ハウスメーカーは自社工場でオリジナルの部材を生産して規格化された住宅をつくることで無駄を省いています。また、各社独自のデザインコンセプトに基づいた企画設計になっているため、注文住宅といっても規格化されたデザインや仕様から選択するシステムです。プランと異なるオーダーを加えると高額になることが多いので注意しましょう。もしも完全な自由設計を考えるのなら設計事務所へ依頼する方がふさわしいでしょうが、家づくりへのこだわりがそれほど大きくなければ、間取りや設備等を短期間で決定できるとても便利なシステムだといえます。さらに大手のメーカーであれば、万が一のトラブルにもしっかりと対応してもらえます。建築終了後もアフターフォローが行き届いている点も安心できますね。