注文住宅でも自由に高さを決められるわけではない

理想のマイホームを建てる方法として注文住宅があります。設計や使用する建材の形状など、様々な事柄を建て主が決められるので個性的な我が家を建てるのに最適と言えるでしょう。他との差別化を図ることができる利点がありますが、その一方で必ずしもイメージ通りのマイホームになるとは限りません。法律で様々な制限が設けられていますが、特に建物の高さについては絶対高さ制限と斜線制限があります。そのため、理想のイメージが法律に抵触する可能性があることを把握しなければいけません。絶対高さ制限は住環境や周囲の景観の保全を目的としたもので、建物の高さを10メートル、または12メートル以下と定めています。地域によって採用される基準が異なるので家造りの際は確認が不可欠です。

立地環境に影響されやすい斜線制限

斜線制限は隣接する敷地や道路の日当たりや風通しを良くするために設けられています。斜線制限は沈設する道路や他の敷地の他、北側の方角に限定した基準があります。いずれも建物が遮へい物になって日光や風を遮るのを防ぐのが目的ですが、建物の大きさや形状、立地環境によって具体的な制限の数値が変わるので事前の調査を怠ってはいけません。斜線制限に抵触した造りになってしまうのが注文住宅にありがちなトラブルですが、これは住宅建築の専門家によるアドバイスを受けなかったのが大きな理由です。建てた後になってからトラブルに遭うのを避けるため、専門家に相談するのが最善の方法と言えるでしょう。また、注文住宅を建てた実績が豊富で信頼できる施工業者を選ぶのもトラブルを避けるコツです。