まずは建築家と建築士の違いを明確にしよう

家造りをする際は、どんな家にしたいかというイメージを鮮明に描くことが重要になりますが、その鮮明に描いた家をどこに依頼するかも重要なポイントになります。依頼先としては建築家・ハウスメーカー・工務店、などといった選択肢が挙げられますが、今回は建築家に依頼するケースについて解説します。まず最初に伝えておきたいことは、建築家と建築士の違いです。多くの人がこの2つは同じ職業だと思っています。しかし国家試験に合格することが必須である建築士に対して、建築家は国家資格と無関係なのです。「建築家」は職業名というよりも、単なる肩書きだと捉えておきましょう。建築の仕事をちょっとかじっただけで「私は建築家です」と名乗る人もいるので注意が必要です。

個性的な要望を叶えやすい

ハウスメーカーは、膨大な情報をもとに一般受けする住みやすい家造りをメインとしています。そのため自分好みの個性的な家造りをしたいのであれば、建築家に依頼することが推奨されます。建築家は芸術家として家造りに関わる側面が強いからです。たとえば家造りの過程では設計の段階で「建ぺい率」や「容積率」といった数値がとても重要になりますが、その制約条件の範囲内でいかにして顧客の要望に応える設計ができるかが建築家の腕の見せどころなのです。ただしデザインを重視しすぎて建築家に依頼したあまり、老後は使い勝手が悪くなったという事例もあるので、個性的な家造りをしたい場合でも、将来を見据えたうえでの住宅設計を依頼しましょう。